つみほ スレスレなるままに

現実と非現実の境目をふらふらと往き来するかのような日常の記録

好きと苦手の境い目

好きと嫌い。 得手と不得手。 得意と苦手。 いわゆる反対語、対義語に当たる言葉の組み合わせなら、そこには共通部分がないぶん分類しやすい、分かりやすいと思います。 そうではなくて、好きと苦手、の話です。 例えば私は、人並みにエッチなことは好きです…

シワガラの滝は言葉にならない美しさ〜でも、、旅を楽しむコツは決して無理をしないこと

大きな岩を登ると、壁としか思えない巨岩に囲まれた洞窟が見えました。滝音はその洞窟の中から聞こえて来ます。 息子は、勝手知ったるなんとやらでサッサと中に入っていきますが、いちおう滝壺に当たる場所だけに辺りは大きな水たまりになっているので、長ぐ…

秘境シワガラの滝〜難所を乗り越えた先にある絶景

シワガラの滝に繋がる山道への入り口は、3台ほどのクルマが駐車できるちょっとした駐車場のすぐ横手にあります。入り口だけを見ると、そこからシワガラの滝まで幾多の苦難(難所)が待ち受けてるようには見えません。小さな虫たちがウツボカズラの花(葉?)…

余部(あまるべ)の天空駅へは透明エレベーターで上る〜おなじみの赤い橋梁は架け替えで白くなっていた

迫る日没の時刻。かなりかっ飛ばしてクルマを走らせて、カスミから一路、シワガラの滝に向かいました。 ところが途中でまたもや悪い虫が。。。 余部(あまるべ)鉄橋という、JR鉄道線の一つの鉄橋に過ぎないのですが、天空の駅と呼ばれるほど高い場所にある…

夕暮れが迫る中やはりシワガラの滝は外せない〜諦める勇気は明日から

存分に絶景を楽しんだ後、クルマに戻って岡見をあとにしました。 さてこれからどうしようか。。 今回の写真撮影旅は、猿壺の滝とは別にもうひとつ、シワガラの滝にも行けたらうれしい、、というのが息子の気持ちでした。 実はシワガラの滝は猿壺の滝の近くに…

尼崎市の博多駅では線路の上で博多ラーメンを食べられます

9月に車検があるので、その見積もりにディーラーに出向きました。 どうせ机の上でチョチョイっと見積もりするだけだから、大して時間もかからないだろうとタカをくくっていたんですが、いざディーラーに着いて担当者に車検の見積もりをお願いしたら1時間半く…

伊吹山山頂を目指してまさかの山登り、でも登ってみたら来てよかったって思った

半ば釣られた格好ですが、息子と一緒に伊吹山山頂を目指しました。 通常、山を登るイメージは樹々の茂る木陰の山道を、枝や葉っぱを避けながら進む感じ。時折空が抜けることはあっても、大体は左右のどちらかに山の斜面、もう片方は崖、という感じだと思いま…

思い立ったが吉日の是非〜人事を尽くすと天命が待ち遠しいぞ

思い立ったが吉日、という言葉がある。これをやろう、これをやりたい、そう思ったのならあれこれ悩んでるよりはまず行動しよう、という意味だと思っている。本当のところは分からないが、当たらずとも遠からずだと勝手に判断して話を進めよう(汗)。 いつだ…

残暑を乗り切る最大のコツは首回りを冷やさないこと〜かんたんにできるオススメの方法

今週のお題「残暑を乗り切る」 例年この時期は残暑という名に相応しく、いや、残暑と呼ぶには早いんじゃないかと思えるほどの猛暑ぶりを発揮して、真夏の時期より幾分湿気が増し幾分かは気温が下がることが災いし、熱中症患者が激増します。 私の周りでも、…

せっかく伊吹山山頂に来たんだから登山しないって手はないよね?えっ、そうなの?

伊吹山ドライブウェイに入りました。 思ったとおり、というか思った以上に通行料は高かった(汗)。本当に、行こうか戻ろうか迷うレベルです。 でもクルマで伊吹山に登るにはドライブウェイを通るしかありません。 もうひとつの伊吹山攻略ルートは登山口から…

旅のお供は生八ツ橋、これさえあれば腹はもつ、さてとお次はどこに行こうか

行き先が長良川、それも当日の夕刻に観覧するということであまり時間的な余裕はありません。でもだからと言って、長良川だけなんてそんな勿体ないことはできない性分です。時間の許す限り、目いっぱい楽しむつもり、、とは言え、早朝に出発し午前のうちにで…

岡見公園の傍らに佇む喫茶店「岡見」の水出しドリップコーヒーは絶品のオススメです

店長さんオススメの手ドリップ水出しアイスコーヒーには、小さなチョコ菓子が2個付いてました。毎回同じものが出される訳ではなく、その時々に手許にあるものをお裾分け感覚で付けてるのだそう。 とすれば、私たちは相当ラッキーだったのかも。 というのもそ…

腹ごしらえして落ち着いた先には、時間が経つのも忘れるほどの感動が待っていた

息子は海鮮丼、ではなく、突然方針変更してカニ釜めしを注文。 羽釜で出てくるカニ釜めし 私ははたと困ってしまいました。 思っていたのと異なり、ヤキモノの定食がないんです。 その店はマルヤ水産の出店、サテライトショップみたいなところで、一夜干しな…

自然の力の前では何者も無力〜うまく折り合いをつけるが勝ち

自然には勝てません。 予約時間に間に合わせるためにかなり無理をしてギリギリ間に合いました。 確かに無理矢理だし無茶でしたが、やろうと思えばできるじゃないですか、こんなことは。かなりヤバかったり危険だったりはするけど。。 けれど、自然には勝てな…

事前予約は余裕を持った時間帯にするのがベター、代替え案も忘れずに

ところで、、 私たちが猿壺の滝に着いたときは割と早い時間帯だったためか、私たち以外に人影はありませんでした。 でも陽が高くなるに連れて、親子連れや年配者御一行、果ては、道案内の旗を持った先導者に連れられた観光客御一行様が滝壺に溢れ、写真撮影…

夜の飛行場で離着陸する旅客機を撮るなら、このスキルは必須かもしれない件

大阪国際空港。。 かつては本当の意味で国際空港でした。関西にある世界の玄関口だったんですね。今はその名前だけが残っているだけで、所謂24時間空港の機能はありません。 現在、国際空港としての機能は1994年に開港した関西国際空港(関空)が担っていま…

早朝露天風呂、美味しい朝ごはんでテンションアップ〜この勢いで猿壺の滝へ

伯雲亭に泊まった翌朝、早朝の露天風呂は気持ちよくて、このまま居着いちゃおうかなと思ったほどでした。 他にも家族連れが何組か宿泊されていたようですが、早朝の露天風呂で出会ったのは二人だけ。しかも、話しかけて答えが返って来たのは一人だけでした。…

こんな風にしたら写真がもっと楽しくなっちゃうかも、、っていう一例

デジカメの登場で誰もが手軽に写真を楽しめるようになった 1. デジカメのメリット 2. 何を撮ったらいいんだろう 3. 視点を変えてみる 4. 例えばこんな方法 デジカメの登場で誰もが手軽に写真を楽しめるようになった 1. デジカメのメリット 昔はフィルムカメ…

長良川の鵜飼を見に行こう〜突然の提案にワクワクだけど宿の手配は大丈夫?ってときのとっておき教えます

長良川の鵜飼を見に行こう!! 随分以前、息子がまだ小学生の頃に一度だけ家族で白川郷まで出掛けたことがあります。そのときにたまたまカミさんが鵜飼の写真を見つけて、これも見に行きたいね、っていうので食事付きの観覧船を予約して出掛けたのです。その…

湯村温泉の外れにこじんまりと佇む伯雲亭に泊まりました

今回の宿「伯雲亭」は、湯村温泉街の傍らを通る国道を湯村温泉沿いに進んだ先、湯村温泉の外れに位置している旅館です。小ぢんまりとした中でもそれなりにしっかりした佇まい見せて建っていました。 伯雲亭の外観(掲載許可:ゆこゆこネット) 国道から伯雲…

今夜の宿泊地「湯村温泉」で定食屋を探した、、結論!少々高くてもメシは宿で予約が無難

二段滝改め、もと二段滝を楽しんでいた私たちがふと気付くと、陽がかなり傾いて辺りはすでに夕暮れ時という感じになっていました。急いで片付けをしましたが、車に戻ったときには18時近くになっていました。 晩ごはん、何を食べようか? まだそんなにお腹す…

昔、大好きな彼女とスキーに行った帰り道

今週のお題「人生最大の危機」 これは遠い遠い昔の話。 私が、後にカミさんになる彼女と結婚を前提に付き合い始める少し前の話です。 当時の私は既に社会人でしたが、冬場はスノボに明け暮れる毎日で、寒さに弱いのを公言していた彼女とはすれ違う日々を送っ…

今野敏さんの「隠蔽捜査」を読みました、一晩で、、引き込まれます、要注意!

私が人生の師と仰ぐ信頼する知人から、一冊の本を紹介された。 今野敏という作家の書いた「隠蔽捜査」というタイトルの小説だ。 絶対面白いから良ければ読んでみてよ。 小説と聞いて侮るなかれ、彼がそういうからには、ただの娯楽小説とは思われない。 きっ…

玄武洞はマジすごいけど制約ありすぎ〜気分を変えて滝見でリフレッシュ

立雲峡から出石に移動し、よしむらそばで皿そばに舌鼓を打ったあと、さあ次はどうしようか、どこへ行こうか、、という話になりました。 猿壺の滝やシワガラの滝は朝方に撮影したいという希望があり、二日目の予定の初っ端に計画を入れていたので除外。 元の…

竹田城跡から立雲峡へ〜お土産に迷ったら岩津ねぎの佃煮

竹田城跡から下山して山城の郷にたどり着いたときには陽がかなり昇っていて、気温も35度近くになっていました。 流石に暑いのでカキ氷かアイスを食べようと土産物屋さんの店舗内に入りましたが、生憎それらは外に面した出店のような場所でしか売ってません。…

スマホナビ「NAVITIME」で行く竹田城跡〜ちょっと注意が必要な件

ふぉとりっぷ〜写真撮影のミニ旅 8/4の早朝から昨日の真夜中、正確には8/6の未明の二日半をかけて、豊岡〜香住、浜坂の辺りへ息子と二人で出かけてきました。 ミニ旅と言えば、JRなどの鉄道路線を利用した気楽旅、、というのがわたしの中にはイメージとして…

ネットカフェは、実はとても便利な自習スポットだったりする件

年に一度、どうしてもやらねばならないことがありました。そのときに利用していたのがネットカフェです。 昔は、漫画喫茶とかコミカフェ(コミックカフェ)とか呼ばれていました。当時はまだインターネットのない時代ですから、ネットカフェなんて言葉はあり…

滝の写真を撮りに、赤目四十八滝に行ってきました

夏休みの初日、さっそくですが、赤目四十八滝というところに行ってきました。 奈良県の宇陀市にあるのですが、滝川の渓流に大小様々な滝があり絶景写真スポットの一つに数えられています。 実は以前から行きたいと思っていた場所なのですが、息子が小さい時…

勤め人と学生の夏、休みが重なったら

今週のお題「夏休み」 勤め人には、子供たちのような夏休みはありません。 ただ日本の恒例行事として8/15にお盆があり、その日程に合わせる形でお盆休みが設定されることが多いです。このお盆休みが夏休みの代わり、事実上の夏休みと言えるかもしれません。 …

8月と言えば夜空を飾る打ち上げ花火の季節〜ふと懐かしさがこみ上げて来たぞ

ついこの前まで、梅雨入りだ、明けだと騒いでいたのに、もう7月も終わり、今日からは8月です。 本格的な夏到来、、さあ元気に遊びまくるぞ!!と言いたいところですが、既に外はジリジリと容赦なく照りつける太陽と地面から立ち昇る湿気を多く含んだ空気の…