つみほ スレスレなるままに

現実と非現実の境目をふらふらと往き来するかのような日常の記録

液タブってなに?何が凄いの?何ができるの?っていうギモンに答えてみるぞ

液タブについて 液タブとは、液晶ペンタブレットの略称なのだが、描画データ入力においてこれほど便利なツールはない。 今回はこの液タブに焦点を当てて、その魅力に迫りたい。 液タブについて 1. ペンタブレットとは 2. 液タブとは 3. 液タブとペンタブレッ…

長良川の鵜飼の醍醐味と世界遺産について考えてみたら意外な関係性に気がついた件

今回二度目の観覧となった長良川の鵜飼ですが、息子が小学生の頃に見た一度目とはいろんな意味で違っていました。 まるで全く違う鵜飼を見た印象さえあります。 それは、長良川の鵜飼のやり方自体が変わったのかも知れませんし、単に時期的な違いによるもの…

長良川の鵜飼会場は金華山の麓、見上げるとそこには月と城が見事な陰影を描いていた

まさか一度も鵜飼を見に行ったことがないとは。。。 もちろんナビはあるんですが、ナビを使わなくても先輩の車の後ろをついていけば良いんじゃないか〜??っていう甘い考えがなかったと言えばウソになります。 何しろ初めての土地ですし、時間的な余裕もあ…

晩遅くに出かける予定があるなら、ホテルのチェックインは先に済ませたほうがいいです

スパ銭のジャンケンイベントを終えた私たちは、これを機にスパ銭を出ることにしました。 少し気になったのが先輩のこと。 私たちにはこれから、長良川に鵜飼を見に行くという今回の写真撮影旅の一大イベントが待ち受けているので早々に発つことに何の問題も…

天然温泉のスパ銭は予想外に楽しかった〜名物の鶏ちゃん焼きはピリ辛で旨い、ゴハンがすすむ

てっきり天然温泉だと思ったのに、、、と少々がっかり気味の私に先輩がひと言、 ここも天然温泉だから。。 そうなんですよ、この六条温泉・喜多の湯というスパ銭(スーパー銭湯)は、近くの温泉から源泉を引いているとか温泉地から温泉水を仕入れてるとかそ…

まさか!岐阜入りして向かった喜多の湯・六条温泉は、国道沿いに建つスーパー銭湯でした

関ヶ原鍾乳洞から岐阜まではクルマで2時間ほどですが、だとすると待ち合わせの時間には少々早い気がします。 さあ次はどうしようか、このまま岐阜入りして大垣辺りで散策しようか、、なんて考えていると息子が、近くに弾薬庫跡があると言います。普段は公開…

関ヶ原鍾乳洞は地下の要塞みたい〜昔遊んだ秘密基地ごっこを思い出しました

伊吹山ドライブウェイを下りた後、さて何をするかといえば当然のことながら、到着が早過ぎて見ることが叶わなかった関ヶ原鍾乳洞を今度こそ脳裏と撮像素子に焼き付けること。 伊吹山ドライブウェイに進んだ道を逆方向に進んでな現地に到着すると、思ったより…